<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬の薬膳・アイシャマンマ

供血のお願い
◆◆◇◆◆ 供血の輪 ◆◆◇◆◆

どうかブログ、サイト等をお持ちの方、可能でしたら呼びかけのご協力をお願い申しあげます。
いつもご協力くださっている皆様、改めてお礼申しあげます

:
□■GRのチェリーちゃんへの供血のお願い■□

<埼玉・深谷市>

悪性リンパ腫発生からもうすぐ3年になり、完全寛解までいったのですが今年の6月に再々発して再度同じプロトコルを行いました。
しかし薬の反応が思わしくなく、検査していただいたところDICであることがわかりました。
血液凝固異常が改善されるまで最低限一週間に一度のペースで輸血が必要な状態です。
ドクターの休みの関係で金曜・土曜は除き、できることならば日曜日にするのが希望です。

今すぐ血液が必要な状態です。
よろしくお願いいたします。

一刻も早く、ドナーが見つかることを願っております。
皆様のお力添えを心からお願い致します。

犬の名前:チェリーちゃん(GR・牝6歳)

通院している病院:埼玉県深谷市の病院です。

供血の対象は、20kg程度以上の7才位までの健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、病院に来て頂く必要があります。

詳しくはこちらをご覧ください
      ↓
供血の輪


□■シェルティのまりいちゃんへの供血のお願い■□

<最新のお知らせ>

3頭のわんちゃんから供血を頂いて輸血をさせて頂くことが出来ました。
皆様のお陰で、まりいの命が救われました。
心より感謝申し上げます。
供血に来てくださいました方々並びに愛しいワンちゃんたちにも感謝の気持ちで一杯です・・・本当に有難う御座います。

まりいの現状ですが、今後も依然血液がどうして作られないのか原因は様々あるにしても特定ができない状態で、日々様々なお注射や飲み薬で治療を続けるという状態です。
輸血をして頂いたものも自力で血液が増やせる様になるまでは現在の検査数値結果が下がってしまうと、またすぐに輸血が必要な状態で・・・

ですが、血液検査で新たに自分の体で血液を作る元となる核があることがわかりました。
それが何かの原因で抑制されている様なので、自己免疫疾患を疑った治療を開始することとなりました。
引き続き1週間に1日おきのお注射の通院もすることになっています。

その免疫抑制剤の効果が出るのが約1ヶ月後ということだそうでして、なんとかその効果が出るまでの間、引き続き輸血が必要な状態です。
まりいはお薬の副作用と頑張って戦っていまして、本当に屈することなく毎日頑張っています。
まだまだ若いのに、寝てばかりなのに、病院では家族を呼びワンワンと力強く吠え頑張る時もありますので、早く回復させてまた沢山遊ばせてあげたいです。

どうか助けて頂きたいです。どうか新しい治療の効果が出るまで、どうかどうか供血の方をお願い致します。
この様な状況となっておりますが、どうか引き続きお願い出来れば幸いでございます。

本当にお願いばかりで申し訳御座いません・・
どうか宜しくお願い致します。

<都内・世田谷区>

10月上旬に、目の治療の際に受けた血液検査の数値が、どれもかなり低く、かかりつけ医様に紹介され大学病院へ行きました。
調べた結果が、骨髄線維症という大変な難病でした。
原因不明で、血液の元を造る細胞がほとんど見当たりませんでした。
白血球、赤血球、全ての数値が下がり、血小板もありません。
200CC以上の輸血が数日から1週間ごとに必要です。
今までの治療は、ステロイドです。
それと昨日から、赤血球、白血球を刺激して増やせるかどうかという方法を始めました。
副作用に 自己免疫を作る可能性もある人間の薬を使います、それも上限が長くても2週間しかありませんが場合によっては使用するそうです。
本当は薬の利用は1週間が上限ですが、そんなことを言ってられる場合ではなく緊急です。
薬の効果が出るまで輸血を頼りとしています。
大変深刻な状態です。
9月におなかの大きな腫瘍をとって、元気になったばかりでやまだまだやんちゃ盛りなのに、本人の心を思うと不憫でなりません。

ワラをもすがる思いで助けたいです、本当に助けていただきたいです。
どうか心より皆様お願い申し上げます。 

今すぐ血液が必要な状態です。
よろしくお願いいたします。

一刻も早く、ドナーが見つかることを願っております。
皆様のお力添えを心からお願い致します。

犬の名前:まりいちゃん(シェルティ・牝7歳)

通院している病院:都内世田谷区の病院です。

供血の対象は、20kg程度以上の7才位までの健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、病院に来て頂く必要があります。


詳しくはこちらをご覧ください
      ↓
供血の輪


□■あとがき・雑記 □■

供血の輪が少しずつでも拡がりますよう、どうかみなさまの温かなお力添えをお願いいたします。
スポンサーサイト
犬の薬膳・アイシャマンマ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

アイシャママ

Author:アイシャママ
薬膳アドバイザー・シッター・ドッグマッサージセラピスト・ホリスティックケアカウンセラー

アイシャに食べさせる美味しいマンマを日夜研究中

2月11日に「犬の薬膳 Aishamanma]
オープンいたしました♪

最近の記事
最近のコメント
いつでも里親募集中

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

バロンと一緒♪

ホクホク気分の日
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。